兵庫みらいについて

JA兵庫みらいの概要と事業内容をご紹介いたします。

兵庫みらいの概要

JA兵庫みらいは平成14年4月1日に兵庫県北播地区の3JA(JAかさいし、JA三木市東、JA小野市)が合併し、兵庫みらい農業協同組合が発足しました。本店は加西市玉野町1156-1に置き、4部3室14支店3営農生活センターを拠点に事業をおこなっています。

組織概要
組織名 兵庫みらい農業協同組合 (JA兵庫みらい)
設立 平成14年4月1日
主な事業内容 営農経済事業、金融事業、共済事業
代表理事組合長 稲葉 洋
本店所在地 〒679-0188 兵庫県加西市玉野町1156-1
電話番号 0790-47-1255  
Eメール info@hyogomirai.com  
窓口営業時間 9:00~15:30  
経営理念

組合員や地域住民のよき相談相手として、地域の「農業」と「くらし」を応援していくことがJA兵庫みらいの基本使命であると考えています。 JAのもつ事業機能や相談機能をより一層高め、みらいの農業、みらいのくらしをサポートしていきたいと思っています。

安心・安全・新鮮をコンセプトとした地域農業の創造

食は生命を育むもの。
食料を生産する農業は生命の産業です。
また自然との共生が必要な産業です。
安全・安心・新鮮をコンセプトに農業の多彩な担い手支援を通じて、あすの地域農業を拓いていきます。
また生産者と消費者の顔がみえる関係を大切に、
地元でとれたものは地元で消費する地産地消の充実を図ります。

安心・健康・環境をコンセプトとしたくらしの創造

将来、健康に対する不安、不測の事故や災害、介護の問題、環境の問題等、私たちはいろいろな不安のなかで生活しています。地域のなかで安心して暮らせるセーフティー・ネットが充分とは言えません。ともに語り合い、助け合いながら、JAの総合サービスを通じてこのまちで住んでみたい、住みつづけたい、そういう人が、安心して健康に暮らせるまちづくりをめざします。

革新・育成・健全をコンセプトとした経営の創造

JAの使命は、高度化・多様化する組合員の期待・ニーズにもとづいて、必要な事業、サービスを適時かつ的確に提供することです。いつでも事業のあり方を組織内で問いかけ、絶えず事業、経営の革新を図れる組織をめざします。
そのためには行動するプロ集団を育成します。
またJAは公共性の強い組織でもあり、事業の前提として経営の健全性を確保していきます。

シンボルマーク

JA兵庫みらいがめざす「みらい」へのエントランス(いりぐち)と躍動する3JAを表現しています。すべてに対応できる柔軟性を持った連係プレイが、地域社会へ清新な風を呼び起こし、さらなるみらいへと夢をつむいでいきます。 また、勝者に贈られる月桂樹を冠した空間としての意味を持たせ、自然環境のよきパートナーとしての役割を目指しています。使用している光の3原色は、 3JAを表現しています。これら3色をあわせると「白」になります。この真っ白いキャンパスを “みらい色” に染め、新しい未来へと夢をつないでいくことがJA兵庫みらいの願いです。

マスコットキャラクター
地域の概況

JA兵庫みらいは兵庫県の南部、播磨平野の中央部に位置し、東経135度の日本標準子午線上に位置するところにあります。北は中国自動車道、南は山陽自動車道に挟まれ、比較的平坦な平野や丘陵が広がり、温暖な気候の地帯です。なお、行政組織としては、加西市・三木市・小野市の三市の区域にあります。

経営の概況

JA兵庫みらいは経営理念に『わたしたちは農業、くらしのパートナー。元気な農業、元気なくらしを応援します。』を掲げて、組合員や地域住民のよき相談相手として地域の「農業」と「くらし」を応援していくことが、JA兵庫みらいの基本使命であると考えています。

組合員戸数 21,952戸
組合員数 正組合員 15,674人
准組合員 11,114人
合計 26,788人
総代数 549人
役員数 ※ 理事 20人(内 常勤4人)
監事 5人(内 常勤1人)
合計 25人
職員数 正職員 342人
契約職員 84人
合計 426人
出資金 35億円
自己資本額 220億円
自己資本比率 18.02%
貯金 3,900億円
貸出金 506億円
長期共済保有高 6,227億円
販売品販売高 42億円
購買品供給高 20億円

(平成28年3月31日現在)

「JAみらいサミット」締結7JA