農業と食育

安全・安心な地域の農産物をくらしの中に。

食の安全・安心への取り組み

GAP(農業生産工程管理)とは?

GAP(Good Agricultural Practice)とは、農業者自らが、

  1. 農作業の点検項目を決定する
  2. 点検項目に従い農作業を行い、記録する
  3. 記録を点検・評価し、改善点を見出す
  4. 次回の作付けに活用する

という一連の「農業生産工程の管理手法」(プロセスチェック手法)のことです。

GAP手法(農業生産工程管理手法)は、農産物の安全確保のみならず、環境保全、農産物の品質の向上、労働安全の確保等に有効な手法であり、このような生産工程の管理手法を我が国の多くの産地・農業者が取り入れ、自らの営農・生産条件や実力に応じて取り組むことが、安全な農産物の安定的な供給、環境保全、農業経営の改善・効率化の実現につながるものです。
また、生産された農産物の安全性や品質の確保等について消費者・食品事業者等の信頼を確保する上でも有効な手法となります。

これらのことから、JA兵庫みらいでは、GAP点検シートの記入をすすめており、より一層の安全・安心な農産物生産を行って参りますので、ご理解、ご協力をいただきますようお願い致します。

「安全な農産物」を提供するために農薬の適正使用と防除日誌の記帳を!